top bar
松尾 宏平(Kohei Matsuo)
                                         2017.5.29 Updated

役職
  基盤技術研究グループ 主任研究員、博士(工学)


研究ビデオクリップ
  曲げ加工ARの開発
   

  溶接施工支援ARアプリケーションの開発
   

  曲率線展開法の展開原理
   


専門分野
  生産技術、ぎょう鉄、曲率線展開法、曲面成形技術
  造船の情報技術応用、造船のデジタルエンジニアリング、AR技術
  船舶の耐航性、リモートセンシング
  将来技術調査

主な研究テーマ
  (平成17年(2005)度)
  船体曲面外板の表現及び製造方法に関する基盤的研究
  船舶の生涯価値(LCV)評価・格付けシステムの確立
  ぎょう鉄の技能研修用教材作成

  (平成18年(2006)度)
  情報通信技術を活用した造船技術の技能の伝承及び開発
  海洋情報のセンシング技術に関する研究
  イオン化ナノバブル技術の船舶技術への応用可能性の調査
  歪取りの技能研修用教材作成
  配管艤装の技能研修用教材作成

  (平成19年(2007)度)
  外洋上プラットフォームの研究開発
  配管艤装(上級管理者用)の技能研修用教材作成

  (平成21年(2009)度)
  船舶塗装からの揮発性有機溶剤の排出低減技術の開発のための研究
  船舶の解撤に伴う環境汚染の防止に資する研究
  船舶産業の熟練した技能を有する作業者減少に対応した新しい生産システムの実現
  主機排熱利用による船舶抵抗低減に関する調査研究
  船舶建造時の品質保証方法の開発
  艤装工程における生産性向上のための技術開発
  加水分解型防汚塗料による船底付着生物移動防止法の研究
  有害物質インベントリに関するIMOガイドラインの調査研究
  シップリサイクルの3R化に向けた調査研究

  (平成22年(2010)度)
  艤装工程における生産性向上のための技術開発
  プレス加工の効率化及び精度向上のための研究
  舶用品の鋳造・鍛造の技能伝承に関する調査研究
  加水分解型防汚塗料による船底生物移動防止法の開発研究
  曲面を有する製品の曲面表現手法と製造方法に関する研究

  (平成23年(2011)度、海外留学)
  造船工程へのAR(Augmented Reality)技術の応用に関する研究
  欧州造船所等への実地調査
  造船における非可展プレス成形技術の研究(科研費 基盤研究(C))

  (平成24(2012)年度)
  造船工程へのAR技術の応用・実用化に関する研究
  造船における非可展プレス成形技術の研究(科研費 基盤研究(C))
  建造マネジメント高度化の技術課題調査

  (平成25(2013)年度)
  造船工程へのAR技術の応用・実用化に関する研究
  造船における非可展プレス成形技術の研究(科研費 基盤研究(C))
  建造マネジメント高度化の技術課題調査

  (平成26(2014)年度)
  船体3次元データの高度利用技術に関する研究
  技能コンクールの実施要領等策定に関する業務(今治地域造船技術センター)
  外板曲げ加工に関する研修(大分県造船所)
  パワーアシストスーツの造船工程適用に関する調査研究
  未来の船舶技術に関する調査

  (平成27(2015)年度)
  船体3次元データの高度利用技術に関する研究
  生産人口の減少に対応した新しい生産システムに関する調査研究
  技能コンクールの実施要領等策定に関する業務(今治地域造船技術センター)
  外板曲げ加工に関する研修(大分県造船所)
  曲率線展開法に基づくCFRP成形技術の開発と応用(科研費 基盤研究(B)、横国大 前川卓教授)

  (平成28(2016)年度)
  造船業の競争力強化や少子高齢化等に対応するための新しい生産システムの構築に関する研究(所内重点研究)
   -建造モニタリングシステムとモニタリング情報の高度解析技術の開発
   -造船用ロボットの開発
   -未活用労働力による新たな造船工程管理手法の開発
  今治地域造船人材育成・確保強化事業
  中小造船業の生産工程実態調査と最適造船工程設計等
  中小造船所向け艤装品管理システムに関する研究開発
  造船教育アプリ開発に向けた教材内容策定に関する業務
  曲率線展開法に基づくCFRP成形技術の開発と応用(科研費 基盤研究(B)、横国大 前川卓教授)
  革新的将来船舶技術に関する調査研究業務

  (平成29(2017)年度)
  造船業の競争力強化や少子高齢化等に対応するための新しい生産システムの構築に関する研究(所内重点研究)
  曲面幾何に基づく曲面変形装置の基礎的動作手法に関する研究(科研費 基盤研究(C))
  曲率線展開法に基づくCFRP成形技術の開発と応用(科研費 基盤研究(B)、横国大 前川卓教授)


略歴
  平成16年 3月 九州大学大学院工学府海洋システム工学専攻 博士後期課程修了
          学位論文「衛星情報に基づく長期波浪統計データベースの構築とその船舶設計への応用に関する研究
  平成16年 4月 独立行政法人 海上技術安全研究所
          環境・エネルギー研究領域 環境調和型生産技術研究グループ
          任期付き研究員
  平成18年 4月 独立行政法人 海上技術安全研究所
          構造・材料部門 生産技術研究グループ 研究員
  平成19年 7月 国土交通省へ行政出向
          ~平成20年 6月: 海事局総務課技術第1係長
          ~平成21年 6月: 海事局船舶産業課国際調整係長
  平成21年 7月 独立行政法人 海上技術安全研究所
          構造・材料部門 生産技術研究グループ 研究員
  平成23年 2月 海外留学(ドイツ) ベルリン工科大・フラウンホーファー研究機構
          ベルリン工科大 Industrial Information Technology
          Fraunhofer IPK Institute for Production Systems and Design Technology
  平成24年 2月~ 


受賞歴
  平成21年10月 日本機械学会 設計工学・システム部門 D&Sコンテスト優秀研究表彰
  平成22年   人工知能学会 研究会優秀賞(JSAI Incentive Award)


リンク
  ●(財)国際科学技術財団 研究助成
    (財)国際科学技術財団 2010年 研究助成
  ●海外の船舶解体ヤード調査関係
    http://www.nippon-foundation.or.jp/ships/topics_dtl/070622.html
    http://150.48.245.51/seikabutsu/2006/00271/contents/0008.htm
    平成18年10月、中国、バングラデシュ、トルコに実地調査に行ってきました。
  ●曲率線展開システムのパンフレット
  ●マイナビニュース(2015/11)
    「富士通がICTの力で造船業の未来を支える- 最先端の研究で活躍するPLEMIA MaintenanceViewer
  ●造船用ARアプリケーションに関するポスター(2017/5)


論文等
  論文等へのリンク


連絡先
  Tel. 0422-41-3091
  Fax. 0422-41-3112
  E-mail: koheiの後に@nmri.go.jp

bottom bar