研究内容
HOME | 研究内容 | 研究組織 | 構造安全評価系 | 構造安全評価系

構造安全評価系 

 


 

船体構造の安全性評価手法(降伏、座屈、疲労強度及び最終強度並びに衝突、振動・騒音、信頼性評価)の高度化に資するため、船体に作用する波浪荷重推定と構造応答・崩壊シミュレーションに関する研究を行っています。これらのシミュレーション法を水槽試験や大型構造模型を用いた崩壊試験等で検証して推定精度を向上し、さらにシミュレーションと連携した船体構造モニタリングシステムの研究開発を行っています。


 
 

系長

 

構造安全評価系長     越智 宏
系付上席研究員  山田 安平(海難事故解析センター 副センター長)
系付上席研究員  平方 勝