実海域性能シミュレーション
   VESTAでは、任意の海象(風波、うねり、風)を入力し、回転数を指定することにより、入力した海象下での実海域性能を評価することができます。

  シミュレーション例

   外航大型コンテナ船を対象に実海域性能シミュレーションを行います。

対象コンテナ船主要目
垂線間長300m
船幅40m
計画満載喫水14m
計画速力25.1knot
最大連続出力59,540kW
最大積載コンテナ数6500TEU

入力データとして以下の海象、及びフューエルインデックスを与えます。


フューエルインデックス
有義波高(風波、うねり)、平均風速
 
主波向(風波、うねり)、風向

指定回転数を88rpmとしてシミュレーションを行うと、結果は以下のようになります。


回転数(Ne)とフューエルインデックス(FI)
海が荒れ、フューエルインデックスがリミットに達し、回転数が低下します。

速力
回転数の低下に伴い、大きな速力低下が生じます。

燃料消費量(FPD:1日当たり、FPM:1海里当たり)
回転数が低下するため、1日当たりの燃料消費量は低下します。ただし、船速も低下するため、1海里当たりの燃料消費量は増加しています。