• 拡大
  • 標準サイズ
  • 縮小
  • 文字サイズ
ホーム > 研究のご紹介 > 流体設計系
研究のご紹介

模型船を用いた水槽試験


光学系による可視化試験

ポッド付き2軸船に対するCFD利用技術の高度化

 船舶からのGHG排出規制への対応及び船舶のグリーン・イノベーションの実現に資する新船型開発技術の高度化をめざし、実運航性能評価手法、流場制御技術を利用した実海域性能の高い省エネデバイス開発、CFD利用技術の高度化等の研究開発を行っています。また、光学的手法を駆使した船体周りの流れを効率的に計測する手法の開発など、基盤的な実験技術の向上を目指します。
流体設計系長 辻本 勝
副系長         星野 邦弘
系付(併任) 上入佐 光