平成20年7月1日

海の月間の行事の一環として
(独)海上技術安全研究所は、研究施設を一般に公開します!
 独立行政法人海上技術安全研究所(理事長 井上四郎)は、海の月間の行事の一環として、7月25日(金)下記のとおり「研究施設の一般公開」を開催します。
 この7月は、海洋基本法が施行されて1年となり、また、環境サミットとも呼ばれる北海道洞爺湖サミットが開催され、海洋利用や環境問題に関心が高まっています。海技研では、環境に優しい海上輸送や海洋利用を目指した研究を行っているなかで、これらの研究で使用する400m水槽、世界で最も深い深海水槽、操船環境をより実際に即したものにした操船リスクシミュレータなどの研究施設を皆様に解りやすく公開、展示致します。
 体験・工作教室などのイベントも実施しますので、大人だけでなく、小学生や中学生にも興味を持って楽しんで頂けると思います。

 
★★海上技術安全研究所の地図や見学要領等を記載したパンフレットをダウンロードできます
.開催日時:平成20年7月25日( 金 ) 10:00〜16:00

2.場所:(独)海上技術安全研究所
〒181-0004 東京都三鷹市新川6-38-1

3.主な公開施設等

 ・400m水槽(模型船曳航用の“電車”の乗客になって実験の様子を見てみよう!)

 ・操船リスクシミュレータ(東京湾をクルージングしよう!)
 ・深海水槽(世界で最も深い水槽)

 ・高圧タンク(深海底は不思議な世界)

 ・ペーパークロマトグラフィー実験教室(混ざっている色を分離しよう!)
  事前申し込みを受け付けています。  申し込みはこちらへ

 ・チタン材料の発色試験(金属表面を七色に輝かせよう)

 ・溶射体験教室(金属に絵を描こう)

 ・その他(工作教室など)

4.その他

 申込み不要、入場無料です。

 実験施設は見学用には整備されておりませんので、安全のためにできるだけ動き易い靴履きでご来場ください。

 駐車場スペースに限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用をお願いいたします。なお、自動車でお越しの場合は東門にお回りください。

 所内は、自転車でまわることができます。


  お問い合わせ先:(独)海上技術安全研究所
  企画部知的財産・情報センター
  Tel:0422-41-3005 Fax:0422-41-3247
  E-mail:info2@nmri.go.jp

 ( 注 ) なお、大阪支所(〒576-0034 大阪府交野市天野が原町3-5-10)におきましても、同日、一般公開を実施します。

     パンフレットはこちらです。

 (支所連絡先:電話072-891-6272 E-mail o-kanri@nmri.go.jp)

[ BACK ][ NMRI HOME ]