平成25年1月31日
独立行政法人 海上技術安全研究所

海上自衛隊第1術科学校の関係者が施設見学            

海上自衛隊第1術科学校(広島県江田島市)の関係者8名が1月30日、当研究所を訪れ、操船リスクシミュレータ、氷海水槽、実海域再現水槽の三つの研究施設を見学しました。
 海上自衛隊には第1から第4までの4つの術科学校があり、このうち、第1術科学校では主に艦艇術科(砲術、水雷、掃海、航海、通信など)に関連する教育が行われています。今回、当研究所を訪れた関係者はそれぞれ自衛艦への乗艦経験が3~5年ある自衛官の皆さん。「施設見学を通して船舶、航海に関する見識を深めるよい機会になりました」とのことでした。

操船リスクシミュレータ 実海域再現水槽
氷海水槽 同左

[海技研トップページ]
このページに関するお問い合わせは広報係 info2@nmri.go.jp までお願いします