平成25年2月25日
独立行政法人 海上技術安全研究所

新日鐵住金広報センターが当研究所を取材           

鉄鋼メーカー国内最大手、新日鐵住金の広報センターが2月19日、21日の2日間にわたり、当研究所を訪れ、船舶波浪荷重やぎょう鉄などの研究動向について研究者への取材を行うとともに、実海域再現水槽において文字造波の撮影を行いました。
 今回の一連の取材・撮影は、同社が発行する広報誌『新日鉄住金』(季刊)の4月号(Vol.2)で予定されている「海運・船舶」の特集企画として行われました。同誌では海上輸送の安心・安全を支える研究開発という視点から当研究所が取り上げられる予定です。
 21日に行われた文字造波撮影では、実海域再現水槽で造波装置を使って「海」「船」「波」などの文字を再現し、カメラに収められました。

撮影の様子 水面に再現された"波"の文字

[海技研トップページ]
このページに関するお問い合わせは広報係 info2@nmri.go.jp までお願いします