平成25年2月28日
独立行政法人 海上技術安全研究所

横浜国立大学の中国人留学生13名が来所           

横浜国立大学の中国人短期留学生13名が2月25日、当研究所を訪れ、氷海水槽などの施設を見学しました。
 13名は同大学船舶海洋教室で受け入れている中国からの短期留学生の皆さんで、多くは上海交通大学で海洋工学や船舶工学、船舶流体力学などを学んでいる修士・博士課程の大学院生。同日は横国大の日野孝則教授と上野誠也教授に引率されて来所しました。施設見学は研修の一環として行われたもので、ディーゼルエンジンをはじめ、操船リスクシミュレータ、氷海船舶試験水槽の各施設を見学。現場で説明を行った研究者への質問も活発に行われました。

10号館実験棟で 操船リスクシミュレータで
氷海水槽で 同左

[海技研トップページ]
このページに関するお問い合わせは広報係 info2@nmri.go.jp までお願いします