内航タンカー近代化船開発への貢献

−全国内航タンカー海運組合から船舶技術研究所に感謝状−

 
 内航船の安全性向上、高効率化および乗員の作業環境の改善を目指して、様 々な機関でシステム設計や技術開発が行われています。全国内航タンカー海運組 合でも、内航タンカー近代化船の開発を目指して、全体システムの開発が進めら れてきました。このうち、航海支援、自動荷役および着離桟支援システムに関し ては、船舶技術研究所と共同研究を実施し、このほど、実用化の目処となる研究 結果がまとまりました。この開発プロジェクトは、内航タンカー近代化船を具体 的に実現することを目標とするものであり、その成果はただちに実船に適用でき るものとなっています。今後、本開発の成果を基にした内航タンカー近代化船の 実証船の建造が進められることが期待されます。 
 なお、この開発プロジェクトに対する当研究所の協力に対し、全国内航タン カー海運組合から感謝状が贈られました。

写真1 全国内航タンカー海
運組合から船舶技術研究所に
送られた感謝状

写真2 全国内航タンカー海運組合における感謝状の贈呈の様子です。
左から2番目が佐々木 博通 前船舶技術研究所長、最右端は三輪 戌歳男
全国内航タンカー海運組合副会長(近代化船特別委員長)。