私の船研印象記


オーガスティン・クワク・ボアチ Dr.Augustine Kwaku Boakye

1965年ガーナ生
オーガステイン・ クワク・ボアチ Dr.Augustine.Kwaku.Boakye
1965年ガーナ生まれ。夫人とー男 一女の裏庭。平成7年10月より、新技術事業団の科学技術特別研究員として、装備部に滞在中。
私はナイジェリアのIfeにあるIfe大学で物理学と教育学を修めた後、日本の東京農工大学で博士の学位を得ました。 日本に来て、約7年になります。この7年間に私はいろいろな職業の日本人に会いましたが、現在、私が接しているような日本の人との交流の機会はありませんでした。  船舶技術研究所ではリモートセンシング用可搬型ライダー等のすばらしい研究設備に触れられただけでなく"実践的な日本語"も学ぶことが出来ました。また、相互理解とチームスピリットが日本においてハイテク技術を習得する鍵であることがわかってきたのです。船舶技術研究所に滞在している、あるいはこれから船研に滞在する外国人研究者の方々への私のアドバイスは、技術の世界の中に乗り出してゆく前に、まず第一に日本の人々と文化を知り、理解する努力をしなさい、ということです。  皆さん、国際交流の情熱を燃やしていこうではありませんか。



船舶技術研究所は、インターネットによるホームベージを開設致しました。 http://www.srimot.go.jp/

船研ホームページ

1.組織 2.主な研究 3.主要な施設 4.刊行物及び年間行事 5.当所の歴史 6.当所までの案内図 7.トピックス・お知らせ 8.SRI News 9.船舶海象データベース 10.プログラム提供のご案内 問い合わせ: 船研総務課文書係 E-mail:bunsho@srimot.go.jp