新造船の要目データベース・トップページ 掲載紙選択 新造船一覧へ 詳細情報
前へ 次へ
海技研Web新造船の要目データベース掲載紙選択Vol.9 > 詳細データ
防災フロート(ぼうさいふろーと)
ぼうさいふろーと むろらんこうふたいしきぼうさいしせつ(ひじこうせん)
防災フロート 室蘭港浮体式防災施設(非自航船)
船主 (国籍) 室蘭市(Japan)
建造所 函館どつく(株)室蘭製作所
起工 2002.11.13
進水 2003.11.4
引渡 2003.11.28
全長 80.00m
全幅 (Bmld)24.00m
深さ (Dmld)4.00m
国内総トン abt.1,745T
載貨重量 800t
その他 総重量:1,300t
特記事項 (1)鋼製、二層甲板 (2)平常時は室蘭港内で、船舶の係留施設として利用。緊急時(大地震、火山噴火)には、被災地に曳航し、避難、物資の輸送や避難生活者及び復旧活動の支援 (3)係留方法: 平常時、アンカー+チェーン係留及びロープ係留の 併用。緊急時、アンカー+ワイヤー係留(設計水深3m〜70m) (4)災害時のための装備 ・係留用アンカー、ワイヤーロープ、巻上用ウインチ・連絡橋が分解、組立可能・ヘリポート・バラストタンク及びバラストポンプ(喫水調整用)・貨物室、作業員用待機室・積雪寒冷地用にノンスリップ甲板採用、ハッチ周りの凍結防止構造 (5)災害派遣時に必要と想定される船舶:曳船、補助曳船、揚錨船、警戒船
新造船の要目データベース・トップページ 掲載紙選択 新造船一覧へ 詳細情報 前へ 次へ
Copyright 2004 NMRI All Right Reserved