新造船の要目データベース・トップページ 掲載紙選択 新造船一覧へ 詳細情報
前へ 次へ
海技研Web新造船の要目データベース掲載紙選択Vol.13 > 詳細データ
SHINYO MARU(進洋丸)
進洋丸 漁業実習船
SHINYO MARU Fisheries Training Ship
船主 (国籍) 宮崎県(Japan)
建造所 長崎造船(株)(No.1200)
起工 2004.10.5
進水 2004.12.14
引渡 2005.3.15
船級 JG
航行区域 Ocean going
全長 64.21m
垂線間長 55.50m
全幅 (Bmld)10.00m
深さ (Dmld)4.10m
喫水 (dmld(design))3.80m
総トン (international)932T (JG)646T
純トン 279T
試運転最大速力 15.576kn
速力 13.00kn
航続距離 15,000SM
主機関 NIIGATA 6M34BFT-4×1
出力 (M.C.R.)1,471kW×290min-1
プロペラ 4Blades CPP×1
主発電機 (Prime Mover:6N165L-UN×2)TAIYO TWY 40M-6 500kVA×2
乗組員数 21
旅客数 47[教官;3、生徒;44]
船型 Well decker, with forecastle & long poop(船首楼及び長船尾楼付き一層甲板船)
清水槽 91.24立方メートル
貨物艙容積 (Bale)70.00立方メートル
特記事項 (1)本船は、宮崎県立宮崎海洋高等学校の実習船 (2)車椅子での移動が可能なように、通路幅を広く段差を少なくし、また専用のトイレも完備 (3)船内には点字案内板を設け、階段やタラップの傾斜を緩やかにして、子供や高齢者にも優しいユニバーサルデザインを採用 燃料油槽:394.04立方メートル
新造船の要目データベース・トップページ 掲載紙選択 新造船一覧へ 詳細情報 前へ 次へ
Copyright 2004 NMRI All Right Reserved