新着情報
HOME | 新着情報 | プレスリリース | プレス180417

プレスリリース

 

平成30年4月17日

 
 

海洋研究開発機構と海上・港湾・航空技術研究所が包括連携協定を締結

  
 

概要
国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「海洋機構」)と国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所(理事長 大和 裕幸、以下「うみそら研」)は、海洋研究開発分野における包括的連携の推進のため、基本協定を2018年4月16日(月)国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所(東京都三鷹市新川6-38-1)において締結いたしました。
 

 
目的
本協定は、海洋機構とうみそら研が本包括連携の効果的、効率的な推進を目指すため、両機関の研究開発能力及び人材等を活かした、以下の連携・協力を行うことを目的としております。

(1)情報交換
(2)共同研究等による研究開発と応用
(3)人材の交流および養成
(4)施設の利用
(5)研究成果等の普及及び活用
(6)その他本協定の目的を達成するために必要な事項

期間
2018年4月16日から2019年3月31日まで(以後双方協議の上更新あり)

具体的な連携内容
海洋機構とうみそら研との間では、広範な研究分野において連携の可能性があることに加え、人材の交流及び養成、施設利用等、更なる研究活動の活性化や人材育成の推進が期待されます。現時点で想定する具体的な連携内容は以下のとおりです。
①AUV/ASV無人運用に向けたビークル間情報交換プロトコルに関する研究開発
②AUV/ASVの協調制御ルールに関する調査研究
③その他、将来必要となる技術分野での共同研究の可能性を検討する。
(センサーの技術開発、海洋プラットフォームの運用技術の研究開発 等)
④船舶・実験施設・設備等の利用

リリース文はこちら
 LinkIconプレスリリース