新着情報
HOME | 新着情報 | プレスリリース | プレス181226

プレスリリース

平成30年12月26日

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所

海事産業事業者の方へ 海技研DPシミュレータを使用いただけます

海に囲まれた我が国は水産資源のみならず、海底鉱物、メタンハイドレートなどの多くの海洋資源を有しています。また、洋上風力、潮流などのエネルギーを含めこれらの資源を有効に活用するためには、多くの種類の技術が必要となります。その一つに、船舶の海上における作業で必要な位置に保持する技術としてダイナミック・ポジショニング(DP)システムがありますが、同システムは現在、海洋開発分野並びに精緻な船舶の操船制御に置いて欠かすことのできない技術となっています。
このため、海上技術安全研究所(海技研)ではDPシミュレータを導入し、海洋開発分野の人材を効果的に育成する方策の研究など、その効果的な利用方法についての研究に取り組んでいます。その一環として、実際にDP船を使用され、海技研の研究にご協力いただける事業者の方などに、実際にDPシミュレータをご利用いただき、当所の研究の材料の一つとさせていだけるよう体制を整備いたしました。海技研が培ってきた人材育成のノウハウも活かしながら、実際に訓練、習熟、実証研究等に活用していただくことで、人材育成等の推進とそのために必要となる知見の涵養に貢献して参ります。
これまでDPの技術の取得やDPについて知見を得るには、DPを装備している船舶への乗船や海外のDPシミュレータ施設を利用する必要がありましたが、海技研のDPシミュレータをご活用いただくことで積極的に海洋開発の人材育成に貢献するとともに、優れたDPの技術を広く知っていただきたいと考えております。
DPシミュレータの概要及びこれを用いたモデル訓練カリキュラムの例、費用等について専用のホームページを開設しましたので、是非、ご参照の上ご活用ください。
URL:https://www.nmri.go.jp/service/servoce_menu.html

問い合わせ先:E-mail:dp-service@m.mpat.go.jp /

リリース文はこちらLinkIconプレスリリース