HOME | 新着情報 | プレスリリース | プレス20201116

プレスリリース

令和2年11月16日

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所

第20回海上技術安全研究所 講演会12月10日開催
2025年自動運航船の実現に向けて 
~事故の起こらない、安全な船を目指して~

 海上技術安全研究所は12月10日(木)に「第20回海技研講演会」をオンラインで開催します。講演会のテーマは「2025年自動運航船の実現に向けて~事故の起こらない、安全な船を目指して~」です。

 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所(所長 安部 昭則)は、昨今急速に開発が進展している「自動運航船」をテーマに講演会を開催いたします。

 今回の講演会は、新型コロナウィルス感染症への対応として、ウェビナーでのライブ配信で行います。日程及び講演内容は、以下のとおりです。

2020年12月10日(木)

 13:30 開会

 13:35 基調講演    国土交通省大臣官房技術審議官 斎藤英明氏
             「自動運航船の実用化に向けて~開発実証と基準戦略」

     外部講演    日本財団 常務理事 海野光行氏
             「無人運航船の実現に向けて」

     外部講演    Microsoft Chief Digital Adviser 田澤孝之氏
             「マリタイムトランスポートインダストリでのDX」

 15:25 研究講演    海上技術安全研究所 知識・データシステム系長 間島隆博
             「自動運航船の実現に向けた避航 操船技術の研究開発」

     研究講演    海上技術安全研究所 流体性能評価系研究員 鈴木良介
             「操船シミュレータのための波浪中操縦運動・
                       船体動揺推定モデルの開発」

     研究講演    海上技術安全研究所 自動運航船プロジェクトチーム  平田宏一
             「海技研における自動着桟システムと要素技術の研究開発」

 17:05 閉会

参加費は無料ですが、事前の登録をお願いいたします。
※本イベントは終了いたしました。

リリース文はこちらLinkIconプレスリリース
パンフレットはこちらLinkIconパンフレット