HOME | 新着情報 | プレスリリース | プレス210219

プレスリリース

令和3年2月19日

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所

浮体式洋上風力発電小型模型の設計製作セミナー及び水槽実験を公開

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所(所長 安部昭則)は、令和3年3月1日(月)、動揺水槽において実施した浮体式洋上風力発電小型模型の設計製作セミナー及び水槽実験を公開いたします。

 浮体式洋上風力発電は、その普及が強く期待されている再生可能エネルギーです。当所では、日本財団オーシャンイノベーションコンソーシアムが大学院生、大学生を対象として主催した浮体式洋上風力発電小型模型の設計製作セミナー(高得点を狙え! 洋上風車設計・製作体験セミナー~最先端の海洋技術を学ぼう~)を令和2年10月17日・18日に実施しました。

 このセミナーでは、浮体式洋上風力発電の基本、模型設計のポイントについて講義を行い、参加した学生が模型を設計しました。模型の製作については、グループごとにそれぞれの設計結果を持ち寄り、実際に製作する模型を決定し、あらかじめ準備されていた材料を使用して短時間で製作しました。

 水槽試験は風と波を起こした中で、安定して発電できることや模型設計のアイディアについて外部の有識者にも採点していただき、優秀なグループと個人を表彰しました。

 3月1日の公開に当たっては、セミナーと水槽実験の様子を動画を交えながら、専門家の視点から解説させて頂き、参加された皆さまからのご質問にもお答え致します。

写真1:コンペで使用した動揺水槽

写真1:コンペで使用した動揺水槽   

写真2:セミナー関係者で集合

写真2:セミナー関係者で集合  



動揺水槽は、長さ40m、幅7m、深さ4.5mの矩形の水槽で、X-Y曳引台車、造波装置を装備しており、浮体式洋上風力発電施設や波力発電施設の挙動計測試験に適した水槽です。


              (記)

1. 日時:令和3年3月1日(月)14:00~15:00

2. 開催方法:オンライン(ウェビナー形式)
  ご質問される方は事前にマイクをご用意ください。

3. お申込み方法:参加ご希望の方は、当所HPより、事前の登録をお願い致します。
  事前登録サイト:https://www.nmri.go.jp/webinar_openexperiment04.html
  申し込み期限は2月26日(金)とさせていただきます。

4. お問い合わせ先:国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
  海上技術安全研究所 企画部広報係 Tel:0422-41-3005  Fax:0422-41-3258
  E-mail:info2@m.mpat.go.jp
  URL:https://www.nmri.go.jp/

リリース文はこちらLinkIconプレスリリース