プレスリリース

PRESS RELEASES

令和4年4月1日
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所

三鷹第三船舶試験水槽50周年記念講演会の開催のお知らせ

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所(所長 安部昭則)は、令和4年4月28日(木)に「三鷹第三船舶試験水槽50周年記念講演会」をオンライン形式で開催いたします。

 三鷹第三船舶試験水槽(中水槽)は、昭和47年に稼働を開始し、今年稼働50周年を迎えます。それを記念した講演会を開催いたします。中水槽は、船舶の推進性能を評価する試験に加え、浅水域試験設備を用いた浅水域での試験を実施できるという特徴を有しております。また、本年3月に曳引車駆動系の更新を行い、400m水槽と同等の自動計測システムが整備されました。

 記念講演会では、中長期ビジョンと中水槽の将来像、中水槽の概要、中水槽を利用した研究の紹介を行います。また、自動計測システムによるオンライン立会システムも体験いただきます。

 今回の記念講演会は、ウェビナーでのライブ配信で行います。日程及び講演内容は、以下のとおりです。


◆概要
  • 日時:令和4年4月28日(木)13:30~15:00
  • 開催方法:オンライン(ウェビナー形式)
     (Zoom配信をメインに海技研オンライン立会システムを併用して実施)
  • お申込み方法:参加ご希望の方は当所HPより、事前登録をお願いいたします。
  • <事前登録サイト>
     https://zoom.us/webinar/register/WN_wW0N8D4dS6Cs8ufnu1FCtg
 申込期限は令和4年4月25日(月)17時とさせていただきます。

◆プログラム
  • 開会挨拶:流体設計系長 辻本 勝
  • 中長期ビジョンと中水槽の将来像:流体設計系長 辻本 勝
  • 中水槽の概要:水槽試験技術グループ長 藤沢 純一
  • 中水槽を利用した研究の紹介:実海域性能研究グループ長 久米 健一
                  流体制御研究グループ長 川北 千春
                  実海域性能研究グループ主任研究員 枌原 直人
  • 自動計測システムの説明:水槽試験技術グループ研究員 濱田 達也
  • 自動計測システムによるオンライン立会システムの体験
  • 閉会挨拶:水槽試験技術グループ長 藤沢 純一

<問い合わせ先>
問合せ先
〇国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
海上技術安全研究所 企画部広報係
Tel:0422-41-3005 Fax:0422-41-3258
E-mail:info2@m.mpat.go.jp
URL:https://www.nmri.go.jp/

リリース文はこちら   プレスリリース