海技研メールニュース No.117[2014/3/14]


 -目次-
 ・船尾ダクト型省エネ装置「WAD」の水槽試験で公開実験



      船尾ダクト型省エネ装置「WAD」の水槽試験で公開実験
      
 当研究所(理事長 茂里一紘)は3月28日、船舶のより一層の省エネ化を図るために開発 した船尾ダクト型省エネ装置「WAD」(Weather Adapted Duct)の水槽試験で公開実験を開催します。
 WADは、船舶の船尾部分のプロペラ直前方に、断面が翼型のリング状物体を設置した省エネ装置です。 WAD自体が、プロペラの吸い込み効果により揚力を発生し、船を前方に推しやるだけでなく、プロペラに 流入する流れを改善し、推進効率を向上させます。WADは通常の船尾ダクト型省エネデバイスに比べて、 小型で、かつプロペラとの距離を縮めているという特徴があります。この特徴により、高い省エネ効果 を発揮しつつ、有害なキャビテーションの発生や、それに起因する振動・騒音の問題が発生しないようにしています。 
 当日は、WADを設置した船舶模型を対象に自航試験(プロペラを作動させた状態での水槽試験)を行い、WADの省エネ性能を確認する様子を公開します。

【日 時】 : 平成26年3月28日(金曜)14:00~15:00(受付は13:30から)
【場 所】 : (独)海上技術安全研究所 東京都三鷹市新川6-38-1
        ※会議室で説明後、公開実験を行います。
        
 詳細は、当研究所ホームページをご覧下さい。


  ■ 海技研メールニュースバックナンバー
    下記URLでご覧になれます。
     http://www.nmri.go.jp/public_info/newsletter/email_magazine/index.html
  ■ このメールマガジンに登録された覚えのない方、また今後のメールマガジンを
    希望されない場合は、お手数ですが、info2@nmri.go.jpまで、その旨、ご連絡を
    お願い致します。
    また、登録内容の変更も同様に、info2@nmri.go.jpまでご連絡お願い致します。
  ■ 海技研メールニュースに記載された内容およびWebアドレスの改変を禁じます。
    ご意見、ご質問等に関しては以下までご連絡をお願いします。

  編集・発行:独立行政法人 海上技術安全研究所
       企画部 広報係
   〒181-0004 東京都三鷹市新川6-38-1
   TEL:0422-41-3005  FAX:0422-41-3258
    info2@nmri.go.jp
  ■ 海技研ホームページ
   [http://www.nmri.go.jp/ ]