海技研メールニュース No.119[2014/4/9]


 -目次-
 ・海技研、国際海事展「Sea Japan 2014」に出展



      海技研、国際海事展「Sea Japan 2014」に出展
      海中ロボットなど展示中

 当研究所は、4月9日~11日に東京ビッグサイトで開催される国際海事展「Sea Japan 2014」に 出展しております。海中ロボットなど展示しているほか、10日にはセミナーも開催します。

 当研究所は今回、関係省庁や団体、企業、大学などとともに組織した「シージャパン2014 海事クラスター企画委員会」の一員として、大型テーマゾーン「ジャパンパビリオンテーマ ゾーン」の中でテーマ別に出展しています。各ゾーンでの展示内容は次のとおりです。

■海洋資源開発ゾーン
 当研究所と東京大学生産技術研究所(所長 中埜良昭)、(株)海洋工学研究所(代表取締役 佐尾那久)が 共同開発した自律型海中ロボット「Tuna-Sand」、自走ブイ「ABA」を展示しています。
 ほかに「熱水鉱床開発用プラットフォームの位置保持性能評価」のパネル展示も行なっています。

■省エネ技術ゾーン
 船舶用省エネダクト「WAD」の模型を展示しています。船舶のより一層の省エネ化を図るために開発した装置です。

■安全・防災ゾーン
 「相手船動静監視システム」を展示しています。同システムはレーダーやAIS(船舶自動識別装置)の 相手船情報をHUD(ヘッドアップディスプレイ)を用いて景観上に重ねて表示し、 航行の安全性の向上を図る装置です。(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構の高度船舶技術実用化制度に よって、MHIマリンエンジニアリング(株)と共同開発しました。

 見張り支援を行う「航海情報重畳双眼鏡」を初めて展示しております。 使い慣れた双眼鏡を視準するだけで他船情報を取得できるもので、タマヤ計測システム(株)と共同開発しました。

■天然ガス・ゾーン
「Ship-to-Ship方式によるLNG移送の安全性評価」をパネル展示しています。


  ■ 海技研メールニュースバックナンバー
    下記URLでご覧になれます。
     http://www.nmri.go.jp/public_info/newsletter/email_magazine/index.html
  ■ このメールマガジンに登録された覚えのない方、また今後のメールマガジンを
    希望されない場合は、お手数ですが、info2@nmri.go.jpまで、その旨、ご連絡を
    お願い致します。
    また、登録内容の変更も同様に、info2@nmri.go.jpまでご連絡お願い致します。
  ■ 海技研メールニュースに記載された内容およびWebアドレスの改変を禁じます。
    ご意見、ご質問等に関しては以下までご連絡をお願いします。

  編集・発行:独立行政法人 海上技術安全研究所
       企画部 広報係
   〒181-0004 東京都三鷹市新川6-38-1
   TEL:0422-41-3005  FAX:0422-41-3258
    info2@nmri.go.jp
  ■ 海技研ホームページ
   [http://www.nmri.go.jp/ ]