海技研メールニュース No.139[2015/7/15]

 国立研究開発法人 海上技術安全研究所
 National Maritime Research Institute(NMRI)
 毎月2回発行です

 ◆お知らせ◆
  ・7月22日(水)に「EEDI改善のための船舶技術に関する国際ワークショップ」を笹 川記念会館で開催します。 国内及び米国、中国、インドネシアの専門家が講演します。
無料ですが先着受付順です。
下記をご覧ください。
    http://www.nmri.go.jp/cgi-bin/nmri_news/topics.cgi#233


 [目次]
NMRIニュース
 ◆NEWS
  ●湘南学園の中学生が総合学習で来所
  ●研究者2名、若手優秀講演賞を受賞
  ●東亜石油船舶部会がワークショップ開催
  ●第15回研究発表会に248名が参加

  


◆◇◆NEWS◆◇◆

  湘南学園の中学生が総合学習で来所

  神奈川県の湘南学園中・高等学校の中学3年の生徒5名がこのほど、総合学習の一環として当所を 訪問しました。 「東京の産業」をテーマに学習活動を行っており、海技研がどのような研究を行っているの かなどについてヒアリングしました。
http://www.nmri.go.jp/collaborations/collaborations_local/kengaku27_0707.html


  研究者2名、若手優秀講演賞を受賞

   海洋開発系の渡邊充史研究員と流体設計系の拾井隆道研究員は、日本船舶海洋工学会春季講演会で若手優秀講演賞を受賞し、 7月10日に表彰式が執り行われました。若手優秀講演賞は3名に授与されましたが、2名が当所の研究員でした。
  http://www.nmri.go.jp/cgi-bin/nmri_news/topics.cgi#237


  東亜石油船舶部会がワークショップ開催

   東亜石油安全協力会船舶部会ワークショップが6月30日、当所で開催されました。参加したのは主催者の東亜石油環境安全部の 関係者、船舶部会の会員各社の安全管理監督者、安全管理者、安全リーダーなど26名です。海技研から最新の研究の紹介、海難事故解析から みたタンカー事故防止について講演しました。
  http://www.nmri.go.jp/cgi-bin/nmri_news/topics.cgi#235


  第15回研究発表会に248名が参加

   6月26日、第15回研究発表会を開催しました。前回までは、三鷹本所の会議室で2日間にわたって開催していましたが、 第15回となる今年は、東京都千代田区平河町の会場で1日で、研究発表を行いました。外部からの参加者は248名を数えました。
  http://www.nmri.go.jp/cgi-bin/nmri_news/topics.cgi#234


◆このメールニュースの申込または配信停止をご希望される方は、
 氏名・職業等を記載して、下記アドレスまでご連絡ください。
◆このメールニュースに記載された内容およびWebアドレスの改変を禁じます。
 ご意見、ご質問等に関しては、以下の問い合わせ先までお願いします。

【発行】国立研究開発法人 海上技術安全研究所 企画部広報係
    http://www.nmri.go.jp/
【お問い合わせ先】 info2@nmri.go.jp
 本メールの転載はご遠慮ください。