海技研メールニュース No.153[2017/1/31]

 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所
 National Maritime Research Institute(NMRI)

【お知らせ】
★☆★海上技術案安全研究所 人事異動★☆★
 (1月1日)
・研究統括監<海難事故解析センター併任> 田村兼吉(研究統括監<研究監併任、海難事故解析センター併任>)
・特別研究主幹<研究監併任、海難事故解析センター上級海難分析研究員併任、運航支援プロジェクトチームリーダー併任、船上モニタリングプロジェクトチーム併任> 谷澤克治(特別研究主幹<流体性能評価系長併任、海難事故解析センター上級海難分析研究員併任、運航支援プロジェクトチームリーダー併任、船上モニタリングプロジェクトチーム併任>)
・流体性能評価系長<流体性能評価系CFD研究グループ長併任> 平田信行(流体性能評価系CFD研究グループ長)


【NMRIニュース】
●国際試験水槽会議の専門家委員会開催
●フィンランド運輸省からアイスクラス試験認証を取得

◆◇◆ NEWS ◆◇◆ 

国際試験水槽会議の専門家委員会開催

 国際試験水槽会議(ITTC)実運航性能に関する専門家委員会(PSS)が1月18日から20日の3日間、海上技術安全研究所で開催されました。ITTCは国際的な水槽試験の手順、解析法策定などに大きな影響力を持つ会議です。
http://www.nmri.go.jp/cgi-bin/nmri_news/topics.cgi#332


フィンランド運輸省からアイスクラス試験認証を取得
―氷海水槽で模型航走実験を公開―

 耐氷船規則のデファクトスタンダードであるFinnish-Swedish Ice Class Rules(FSICR)では耐氷船階級(アイスクラス)に応じて満足すべき構造強度、プロペラ及び軸系の強度並びに主機関の出力に関する要件が定められています。このうち主機出力要件は氷海水槽試験で求めることができるとされており、海技研の氷海水槽は、FSICRを所管するTrafi(Finnish Transport Safety Agency)から、その手法が妥当であることについて認証を取得しております。
http://www.nmri.go.jp/cgi-bin/nmri_news/topics.cgi#333

 
◆このメールニュースの申込または配信停止をご希望される方は、
 氏名・職業等を記載して、下記アドレスまでご連絡ください。
◆このメールニュースに記載された内容およびWebアドレスの改変を禁じます。
 ご意見、ご質問等に関しては、以下の問い合わせ先までお願いします。

【発行】国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所 企画部広報係
    http://www.nmri.go.jp/
【お問い合わせ先】  info2@nmri.go.jp
本メールの転載はご遠慮ください。