海技研メールニュース No.158[2017/10/3]

 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所
 National Maritime Research Institute(NMRI)

【お知らせ】
★☆★第17回海上技術安全研究所 講演会11月6日開催★☆★
 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所( 所長 大谷雅実)は11月6日(月)、ホテルグランヴィア広島で第17回講演 会を開催します。講演会のテーマは「海事産業におけるAI・IoTの展開」で す。
 概要は下記のとおりです。詳細なプログラムや参加申し込み方法などは、 下記のWeb申込フォームまでアクセスしてください。

・日程:平成29年11月6日(月)13:00~17:10(受付は12:15から)
・会場:ホテルグランヴィア広島(広島県広島市南区松原町1-5)
・講演プログラム 別紙参照
・入場無料、事前登録制
・Web申込フォーム  https://www.nmri.go.jp/contact_us/nmri_form.html
・講演会チラシ http://www.nmri.go.jp/images/press_20170929.pdf


【NMRIニュース】
◆NEWS
 ●東大安田講堂で海洋技術フォーラムシンポジウム開催
 ●極限状態における浮体と係留ラインの挙動に関する実験を公開
 ●ボーキサイトの液状化に関する国際ワークショップを開催
 ●太田進 国際連携センター長が、海技研初の「内閣総理大臣賞」を受賞

【NMRIニュース】

●東大安田講堂で海洋技術フォーラムシンポジウム開催

 海洋技術フォーラム(代表・大和裕幸 国立研究開発法人海上・港湾・ 航空技術研究所(うみそら研)理事長)により、9月12日(火)の13時30分 から17時45分まで、東京大学安田講堂にて、海洋技術フォーラムシンポジ ウムが開催されました(日本財団の助成・後援、日本船舶海洋工学会の後 援、東京大学大学院新領域創成科学研究科と弊所の協賛により開催)。
http://www.nmri.go.jp/cgi-bin/nmri_news/topics.cgi#385


●極限状態における浮体と係留ラインの挙動に関する実験を公開

 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所は 9月8日(金)に極限状態における浮体と係留ラインの挙動に関する実験を 公開し、海事産業、大学などから34名の方が参加しました。
http://www.nmri.go.jp/cgi-bin/nmri_news/topics.cgi#384


●ボーキサイトの液状化に関する国際ワークショップを開催

 海上技術安全研究所はロンドンの国際海事機関(IMO)本部において、 貨物運送(CCC)小委員会第4回会合(CCC 4)開催直前の9月8日金曜日に、 ボーキサイトの液状化に関する国際ワークショップを開催しました。
http://www.nmri.go.jp/cgi-bin/nmri_news/topics.cgi#383


●太田進 国際連携センター長が、海技研初の「内閣総理大臣賞」を受賞

 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所の 太田進 特別研究主幹・国際連携センター長が、「海洋に関する顕著な功績 」分野の被表彰者として、「第10回海洋立国推進功労者表彰」(内閣総理 大臣賞)を受賞し、その表彰式が8月28日、総理大臣官邸内大ホールにて執 り行われました。
http://www.nmri.go.jp/cgi-bin/nmri_news/topics.cgi#381
 
◆このメールニュースの申込または配信停止をご希望される方は、
 氏名・職業等を記載して、下記アドレスまでご連絡ください。
◆このメールニュースに記載された内容およびWebアドレスの改変を禁じます。
 ご意見、ご質問等に関しては、以下の問い合わせ先までお願いします。

【発行】国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所 企画部広報係
    http://www.nmri.go.jp/
【お問い合わせ先】  info2@nmri.go.jp
本メールの転載はご遠慮ください。