HOME | 研究員 | 研究員一覧 | 山本 譲司

2018/7/1現在

山本 譲司

ヤマモト ジョウジ/Joji Yamamoto


所属部署 : 海洋開発系 深海技術研究グループ
役職   : グループ長
専門分野 : 海洋環境工学

研究テーマ

海底鉱物資源開発に係る研究


論文

  • Uto, S., Yamamoto, J., et al., 2017, ”Development of Accurate Ice Obserbation Technologies for Arctic Oil & Gas Development and Verification by Field Campaigns”, POAC2017.
  • Sasano, M., Yamamoto, J., et al., 2015, ”Use of bio-fluorescenet characteristics for ecosystem monitoring on hydrothermal deposits”, 15th French-Japanese Oceanography Symposium.
  • Matsuo, S., Yamamoto, J., et al., 2014, ”Proposal of Ball Milling System Suitable under the Seafloor for Development of Hydrothermal Deposits by Simulation”, Resources Processing , Vol.61, No.3.
  • Nakajima, Y., Yamamoto, J., et al., 2013, ” STUDY ON GRIDING TECHNOLOGY FOR SEAFLOOR MINERAL PROCESSING”, OMAE2013-10571.
  • Yamamoto, J., et al., 2013, ”A NUMERICAL MODEL FOR ENVIRONMENTAL IMPACT ON MARINE ORGANISMS FOR SEAFLOOR RESOURCES DEVELOPMENT”, OMAE2013-10756.
  • 山本譲司ほか, 2012, ”サイズベース生態系モデルを用いた東京湾における動物プランクトンの季節変動解析”, 海洋理工学会誌, Vol.18, No.2.
  • Yamamoto, J., et al., 2012, ”A Numerical Model Analysis of Environmental Load for Seafloor Resources Development”, ISOPE2012.
  • 山本譲司ほか, 2011, ”東京湾におけるデカブロモジフェニルエーテルの環境濃度推定”, 海洋理工学会誌, Vol.16, No.2.
  • Yamamoto, J., et al., 2011, ”Analysis Tool for Environmental Impact of Seafloor Resources Development”, OMAE2011-49981.
  • Yamamoto, J., et al., 2009, ”Ecological risk assessment of TBT in Ise Bay”, Journal of Environmental Management 90.
  • 山本譲司ほか, 2007, ”化学物質底泥蓄積モデルの伊勢・三河湾への適用”, 海洋理工学会誌, Vol.13, No.1.
  • Horiguchi, F., Yamamoto, J., et al., 2006, ”Modeling Study of Environmental Concentrations of TBT in Tokyo Bay -Development of a Windows version Prototype-”, Environment Modelling & Software, Elsevier, Vol.21, Issue 2.
  • 山本譲司ほか, 2005, ”東京湾における生態リスク評価モデルの開発-Windows Version 1.1-”, 海洋理工学会誌, Vol.11, No.1.
  • 山本譲司ほか, 2005, ”東京湾におけるTBT底泥蓄積モデルの開発”, 海洋理工学会誌, Vol.11, No.1.
  • Horiguchi, F., Yamamoto, J., et al., 2004, ”Risk Assessment of TBT in Japanese Short-neck Clams (Ruditapes philippinarum)of Tokyo Bay using a Chemical Fate Model”, 7th International Marine Environmental Modeling Seminar.
  • 堀口文男, 山本譲司ほか, 2003, ”東京湾における化学物質の簡易環境濃度予測システム(Windows版)の開発”, 海洋理工学会誌, Vol.8,Nos.2.
  • 山本譲司ほか, 2003, ”簡易生態系モデルの開発と迫間浦への適用”, 海洋調査技術, Vol.15, No.1.
  • Horiguchi, F., Yamamoto, J., et al., 2001, ”A Numerical Simulation of the Seasonal Cycle of Temperature, Salinity and Velocity Fields in Tokyo Bay”, Marine Pollution Bulletin, Elsevier, Vol.43, Nos.7-12.
  • Yamamoto, J., et al., 2000, ”A Numerical Simulation of the Seasonal Cycle of Temperature, Salinity and Velocity Fields in Tokyo Bay”, Fourth International Marine Environmental Modeling Seminar.
  • 堀口文男, 山本譲司ほか, 1999, ”東京湾における物理場の実時間変動の数値モデル解析”, 資源と環境, Vol.8, No.5.

学位

博士(工学)


その他

  • <職歴>
  • 平成 7年4月 芙蓉海洋開発株式会社
  • 平成14年4月 独立行政法人産業技術総合研究所(技術職員・特別研究員)
  • 平成22年4月 独立行政法人海上技術安全研究所 海洋開発系 深海技術研究グループ(招へい型任期付研究員・主任研究員)
  • 平成24年4月 同所 海洋開発系 深海技術研究グループ(主任研究員)
  • 平成25年7月 同所 水中工学センター(併任)
  • 平成26年4月 同所 海洋開発系 深海技術研究グループ、水中工学センター(併任)(上席研究員)
  • 平成27年4月 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 技術ソリューション事業グループ、技術部開発技術課(併任)(担当調査役)
  • 平成29年4月 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 海洋開発系 深海技術研究グループ(グループ長)
  • 現在に至る