HOME | 研究内容 | 研究組織 | 海難事故解析センター

海難事故解析センター

 


当センターは、重大な海難事故が発生した際に、当所の研究者の持つ豊富な専門的知見を活用して事故情報を解析し、その結果を迅速に情報発信するとともに、詳細解析が必要な場合には、事故再現や各種状況のシミュレーションを行うことにより、国等における再発防止対策の立案等への支援を行っていくことを目的に活動しています。


 

メンバー 

 

山田 安平(センター長)

田口 晴邦(併任)
黒岩 隆夫(併任)
田中 義照(併任)
宮崎 英樹(併任)
丹羽 康之(併任)
三宅 里奈(併任)


  

 

最新のトピックス

 
 

2021.02.18 「貨物船JIA DE」の沈没事故に関し、復原性及び沈没に至る状況を調査する目的の解析調査を実施しました。
当該事故に係る運輸安全委員会報告書はこちら
2020.11.26 「旅客船なんきゅう10号」の旅客負傷事故に関し、旅客が受けた衝撃加速度等を究明する目的の解析調査を実施しました。
当該事故に係る運輸安全委員会報告書はこちら
2020.08.27 「漁船第六十五慶栄丸」転覆事故に関し、運輸安全委員会からの委託により、本事故発生時における第六十五慶栄丸の復原性能の推定、風波の影響の推定、転覆に至るメカニズムの検討等に関する解析調査を実施しました。
当該事故に係る運輸安全委員会報告書及び再現動画はこちら
2020.03.26 「旅客船ぎんが」衝突事故に関し、運輸安全委員会からの委託により、事故発生時の船体、旅客に作用する加速度に関する解析調査を実施しました。
当該事故に係る運輸安全委員会報告書及び再現動画はこちら
2020.8.27 「貨物船江和丸及び漁船長福丸」衝突事故に関し、運輸安全委員会からの委託により、レーザ製品の性能等に関する解析調査を実施しました。
当該事故に係る運輸安全委員会報告書はこちら。
2019.10.31 「漁船第八十七昭徳丸」の沈没事故に関し、運輸安全委員会からの委託により、第八十七昭徳丸の復原性及び転覆に至る状況に関する解析調査を実施しました。
当該事故に係る運輸安全委員会報告書はこちら
2019.06.27 「コンテナ船NYK VENUS及びコンテナ船SITC OSAKA」の衝突事故に関し、運輸安全委員会からの委託により、衝突危険度の評価、入港実績に基づく航行状況の分析及び人間信頼性解析手法の一つであるCREAM分析によるヒューマンファクター分析を実施しました。
当該事故に係る運輸安全委員会報告書はこちら
2019.04.25 「油タンカー宝運丸」の衝突事故に関し、運輸安全委員会からの委託により、油タンカー宝運丸及び大阪湾内に錨泊中の船舶の係駐力並びに錨泊中に受ける風圧力に関する解析調査を実施しました。
当該事故に係る運輸安全委員会報告書はこちら
2018.12.20 「旅客船そら」の衝突事故に関し、運輸安全委員会からの委託により、旅客船そらの客室の椅子の取付強度等に関する解析調査を実施しました。
当該事故に係る運輸安全委員会報告書はこちら
2018/2/22 「コンテナ船ESTELLE MAERSK及びコンテナ船JJ SKY」の衝突事故に関し、運輸安全委員会からの委託により、衝突危険度の評価、入港実績に基づく航行状況の分析及び人間信頼性解析手法の一つであるCREAM分析によるヒューマンファクター分析を実施しました。
当該事故に係る運輸安全委員会報告書はこちら
過去のトピックス一覧はこちら