HOME | 研究内容 | 研究組織

研究組織一覧

 


 

海技研の最先端の各系研究について紹介します。 
 

流体設計系
 
流体設計系


国際海事機関(IMO)において、船舶からの地球温暖化ガス(GHG)排出規制の強化について検討が行われています。船舶が実際に航行する実海域の推進性能を高精度で推定する技術、環境負荷を低減した船舶の設計・建造のための革新的な技術、実船モニタリングデータの活用による実運航での効率運航方法、先進的な水槽試験技術の研究開発に取り組んでいます。

詳しく見る詳しく見る
流体性能評価系

 

流体性能評価系
 

実海域における船舶の性能(推進、操縦、耐航、復原性)の評価、向上を目指した研究を行い、海難事故の原因究明や船舶の国際的なルール作りの技術的バックアップを通じて、安全な船舶を造るために貢献しています。また、CFD(計算流体力学)技術において実海域性能の評価や省エネ装置まわりの乱流場の解析等の研究を行い、世界をリードする信頼性の高い船体周り流場解析用CFDソフトウエアを開発し、国内の造船所に提供するとともに、様々な支援を行っています。

詳しく見る詳しく見る
構造安全評価系

 

構造安全評価系
 

船体構造の安全性評価手法(降伏、座屈、疲労強度及び最終強度並びに衝突、振動・騒音、信頼性評価)の高度化に資するため、船体に作用する波浪荷重推定と構造応答・崩壊シミュレーションに関する研究を行っています。これらのシミュレーション法を水槽試験や大型構造模型を用いた崩壊試験等で検証して推定精度を向上し、さらにシミュレーションと連携した船体構造モニタリングシステムの研究開発を行っています。
  

 
詳しく見る詳しく見る
海洋構造物試験水槽
 
構造基盤技術系


安全かつ経済的な船舶の建造に資するため、合理的な構造強度評価法の確立が求められています。このため、材料の腐食特性、疲労強度などの研究を行っています。また、技能講習用映像教材の作成、これを応用し工数の大幅な削減を目的とした新しい生産システム、生産工程の合理化技術など、生産技術に関する研究に取り組んでいます。

 
詳しく見る詳しく見る
環境・動力系

 

環境動力系
 

船舶や海洋構造物に関する環境保全を目的として、海洋・大気等に係る合理的な環境規制体系の実現の基礎となるシミュレーション技術の高度化や船舶からのCO2 をはじめ、NOX、SOX、PM 等の削減に資する各種技術の開発及び性能評価等に取り組んでいます。また、今後の燃料転換を想定し、新たに舶用ガスエンジン試験装置を導入し先導的な研究を開始します。

詳しく見る詳しく見る
 
 
知識データシステム系

 

知識データ・システム系
 

操船リスクシミュレータやコンピューターシミュレーションを用いて、航海システムの安全性を高める研究や物流の高度化などに取り組んでいます。また、研究に必要な計測技術、様々なセンサー技術等の基盤技術の研究を行っています。 

詳しく見る詳しく見る
海洋リスク評価系
 
海洋リスク評価系


リスク解析、信頼性解析などの解析技術の高度化を通じて、費用対効果を考慮した国際基準の策定のための安全性評価(FSA: Formal Safety Assessment)、舶用機器の品質改善・故障予防のためのシステム信頼性解析手法の研究、放射性物質等の危険物輸送の安全確保の研究等を行っています。

詳しく見る詳しく見る
海洋開発系

 

海洋開発系
 

フロンティア海域(大水深・氷海域)での海洋開発の実現を目的として、洋上天然ガス生産や海底鉱物資源開発などを対象としたシステムや運用に対する安全性評価技術の開発などを実施しています。深海水槽、変動風水洞等、世界に類を見ない実験施設を利用した高度な水槽試験技術と数値シミュレーション技術を駆使するとともに、実海域実験を通じたデータ計測及び解析技術によって、新しい高度なニーズに対応した研究開発を進めています。

詳しく見る詳しく見る
 
海洋利用水中技術系

 

海洋利用水中技術系
 

海洋先端技術系は、海中ロボットの研究開発、海中ロボットを利用した計測など海中活動の技術開発、 海中の放射能計測技術などの基盤技術に関する調査、研究、開発、ならびに浮体式洋上風力発電等の海洋再生可能エネルギー利用に係る基盤技術の開発や、安全性評価手法の開発と高度化に関する研究、海洋利用に伴う環境負荷評価手法の開発を進めています。

詳しく見る詳しく見る
海難事故解析センター

 

海難事故解析センター

 
当センターでは、海難事故の再発防止対策の立案等への支援を行っていくことを目的に活動しています。
 





詳しく見る詳しく見る
国際連携センター

 

国際連携センター

 
当センターでは、国際会議への参画や国際シンポジウム、ワークショップの開催などを積極的に進めています。 
 





詳しく見る詳しく見る
デジタルトランスフォーメーションPT

 

デジタルトランスフォーメーションPT
 

本PTは、海事産業のデジタルトランスフォーメーションを実現する上でのキーテクノロジーとなる船体のデジタルツイン技術、舶用主機のデジタルツイン技術、運航のデジタルツイン技術、船型設計に係わるデジタル基盤技術、船舶建造に係わるデジタル基盤技術の開発とその社会実装を進めています。

詳しく見る詳しく見る
GHG削減PT

 

GHG削減PT

 
IMOのGHG削減目標では2030年までに国際海運全体の燃費効率を40%以上改善し、2050年までにはGHG総排出量を50%以上削減しなければならない。本PTは、流体力学的観点、代替燃料ならびに機関効率の観点からGHG削減技術を開発すると共に、海上物流の需要予測に基づくGHGの総排出量推定ツールを開発し、目標達成の戦略とビジネスモデルを立案することで、成果の社会実装を進めています。
 


詳しく見る詳しく見る
自動運航PT

 

自動運航PT

 
国土交通省では2025年までに自動運航船の実用化を目指している。本PTは、この事業に貢献するため、自動運航船の安全性評価技術の確立、安全性評価のための操船リスクシミュレータの開発、自動運航船の機能評価のためのシミュレーション技術の確立、自動離着桟技術の開発、マシンビジョンの調査検討を行うと共に、自動運航船を実現するための戦略とビジネスモデルを立案することで、成果の社会実装を進めています。 
 

詳しく見る詳しく見る
洋上風力発電PT

 

洋上風力発電PT
 

再エネ海洋利用法の施行により、洋上風力発電所の普及に向けた環境が整ってきた。本PTは洋上風力発電を普及させるため、高風速海域の浮体式洋上風力発電のコンセプト提案を行うと共に、洋上風力発電のビジネスモデルを提案し、洋上風力発電ファームの建設促進を進めています。






詳しく見る詳しく見る