新着情報
HOME | 新着情報 | おしらせ | ニュース180829

おしらせ

 

平成30年8月29

 
 

海上技術安全研究所が日本航海学会から航海功績賞を受賞

  
 

海上技術安全研究所(研究代表:海洋リスク評価系伊藤博子グループ長)は、2018年7月13日に開催された海事3学会合同表彰式において日本航海学会より航海功績賞を受賞しました。
 

 
◆航海功績賞
受賞功績: 伊豆大島西岸沖のAIS仮想航路標識による推薦航路の指定 
受賞者: 海上技術安全研究所、海上保安庁、日本海難防止協会
功績内容:
伊豆大島西岸沖における推薦航路の設定に貢献し、これにより航行の安全と我が国の国際的なプレゼンスの向上に寄与しました。
当所では、従前より海上交通流の解析技術について研究し、また、海上交通流シミュレーションシステムを開発してきました。これらの技術とAIS航跡データを使用し、海上保安庁の第3次交通ビジョン「船舶交通の安全・安心を目指した取り組み―準ふくそう海域の安全対策―AIS仮想航路標識等を活用した安全対策の推進」の一環として、東西交通が集中し数多くの衝突事故が発生している伊豆大島西岸沖の海域をモデル海域とした官学民による安全対策推進に参画し、推薦航路の基線案を設計・選定しました。本推薦航路はAIS仮想航路標識を利用した形式として国内で初めて国際的に承認され、本年1月より運用が開始されています。
 
  
受賞の様子(写真右)伊藤博子グループ長

受賞の様子(写真右)伊藤博子グループ長

表彰状

表彰状