HOME | 海技研について | ご挨拶・理念・規範

ご挨拶

 


安部所長
 
海上技術安全研究所  所長  安部 昭則
 
海上技術安全研究所は,1916年(大正5年)に逓信省管船局船用品検査所として発足して以来、研究所の姿かたちを進化させつつ時代背景や社会情勢の変化に応じた我が国の政策課題や産業界の技術的課題の解決に貢献してまいりました。

本年は港湾空港技術研究所、電子航法研究所との統合から5年目を迎え、統合法人である、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所(うみそら研)として、分野横断的研究の成果および、統合によるシナジー効果の創出について引き続き取り組んでまいります。

海上技術安全研究所といたしましては、国の政策や我が国海事産業の競争力を技術面で支えるという基本的な使命のもと、行政および社会の要請に基づく4つの重点研究分野を柱として6つのコア技術をさらに強化するとともに、先端的技術研究へも積極的に挑戦し、海事産業のイノベーションの起点になることを目指します。今後も研究所の財産である研究者およびスタッフ、そして世界トップレベルの研究施設を活用して、全所一丸となって取り組んでまいる所存でございます。海上技術安全研究所の活動に関する最新情報はホームページで紹介しておりますので、ご覧下さい。

 
<4つの重点研究分野>
1.海上輸送の安全の確保

2.海洋環境の保全
3.海洋の開発
4.海上輸送を支える基盤的技術開発

<6つのコア技術>
◆ 環境に優しい新コンセプト船開発技術

◆ 環境影響評価・負荷低減技術
◆ 海難事故解析・運航安全性向上技術
◆ 経済合理性を考慮した構造安全性向上技術
◆ 広範かつ複雑な条件に対応したリスク評価技術
◆ 海洋資源・再生可能エネルギー開発技術

 
   

  

理念

 


3つのミッション
安全で安心できる社会の実現に貢献します
環境と調和した社会の実現に貢献します
最先端の研究で産業の未来に貢献します
      
6つの価値観
社会ニーズを先取りした研究課題の発掘・提案
機敏な行動、迅速な進捗、先駆ける成果
国際的なプレゼンスと世界最先端の研究力
社会実装を目指した責任ある成果意識
科学技術の進歩に伴う新たな可能性への挑戦
ガバナンスの下で組織力を充実、且つ一人一人が成長