新着情報
HOME | 新着情報 | おしらせ | ニュース180911

お知らせ

平成30年9月11日

日本発の海底探査チーム「Team KUROSHIO」
Shell Ocean Discovery XPRIZE 「Round2実海域競技」(決勝)に向けた記者説明会のお知らせ

国立研究開発法人海洋研究開発機構、国立大学法人東京大学生産技術研究所、国立大学法人九州工業大学、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所、三井E&S造船株式会社、日本海洋事業株式会社、株式会社KDDI総合研究所及びヤマハ発動機株式会社からなる「Team KUROSHIO」は、海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目標とする海底探査技術の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」(※)に挑戦しており、2018年10-11月に行われる「Round2実海域競技」(決勝)へ進出いたしました。

つきましては、2018年3月の「Round2実海域競技」への進出決定から現在までの「Team KUROSHIO」の準備状況、使用する自律型海中ロボット(AUV)及び洋上中継器(ASV)について、説明会を開催いたします。ご多忙の所大変恐縮でございますが、何卒ご参加いただきますようお願い申し上げます。

※XPRIZEについて
1995年に設立された米国の非営利組織である「XPRIZE財団」によって運営され、世界の大きな課題を解決することを目的とした世界コンペティション。「学習」「探査」「エネルギーと環境」「世界規模の開発」「生命科学」の5分野をテーマとする。最近では、民間による最初の月面無人探査を競う「Google Lunar XPRIZE」が話題となった。Shell Ocean Discovery XPRIZE の概要については、別紙1をご参照ください。

1.説明会日時
2018年9月18日(火)13:00~15:15(受付開始12:30)
(1)13:00-14:00 大講義室にて、概要説明
(2)14:00-15:15 深海潜水調査船支援母船「よこすか」船上にて、Round2実海域競技で使用する自律型海中ロボット(AUV)1台及び洋上中継器(ASV)の披露、説明

2.開催場所  海洋研究開発機構横須賀本部
本館1階大講義室及び深海潜水調査船支援母船「よこすか」後部甲板
神奈川県横須賀市夏島町2番地15

3.出席者
中谷武志(海洋研究開発機構 海洋工学センター 技術研究員 Team KUROSHIO共同代表)
稲葉祥梧(海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所 海洋先端技術系 研究員)
各務 均 (三井E&S造船株式会社 船舶・艦艇事業本部 特機・水中機器部 主任)
石川暁久(日本海洋事業株式会社 深海技術部 一等潜技士)
小島淳一(株式会社KDDI総合研究所 環境計測プロジェクト プロジェクトリーダー)
進藤祐太(ヤマハ発動機株式会社 先進技術本部技術企画統括部横須賀 主事)

4.取材申込
お手数ですが、9月12日(水)17時までにファックス(別添1)かメール(press(at)jamstec.go.jp)にてお申込いただけますようお願いいたします。
5.お問い合わせ先
Team KUROSHIO広報担当 杉山・安蒜   電話: 046-867-9250

※詳細はこちらをご覧ください。