新着情報
HOME | 新着情報 | おしらせ | ニュース190510

お知らせ

令和元年5月10日

海技研、バリシップ2019に参加<特別セミナー開催、ブース展示>

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所(所長 宇都正太郎)は、前回(2017年)に引き続き、テクスポート今治、旧今治コンピュータカレッジ(愛媛県今治市)で開催される国際海事展「バリシップ2019」(5月23日~25日)に参加します。弊所が出展するブースでは期間中、船舶用燃料電池システムの模型、実海域省エネ船首COVEの模型及び船舶用省エネダクトWADの模型を展示します。また、5月23日には特別セミナーとして、GHG 削減に向けた海技研の取り組みに関して、研究所の最新の研究開発動向を第一線の研究者が分かりやすく説明をいたします。せ゛ひ、ご来場くた゛さい。

(1)出展社プレゼンテーション 
■日時:5月23日(木)11時00分~11時30分
■場所:セミナー会場B (旧今治コンピュータカレッジ1階)
■タイトル:
「実船からの温室効果ガス排出量削減のための海技研の研究開発」
 講演者:流体設計系 黒田麻利子主任研究員

 詳細はこちらからご覧ください。
https://www.informa-japan.com/bariship/seminar/presen.php

(2)特別セミナー <海上技術安全研究所セミナー>
■日時:5月23日(木)15時40分~16時40分
■場所:展示会Cゾーン 特別セミナー会場
   (旧今治コンピュータカレッジ2階) 定員110名
■講演内容:
・「ハード面からの温室効果ガス削減への取組み
 -内航船型及び省エネ装置の事例-」
 講演者:流体設計系実海域性能研究グループ長 久米 健一
・「船舶分野における地球温室効果ガス(GHG)排出削減技術」
 講演者:環境・動力系長 平田 宏一

※受講料は無料ですが、事前登録が必要です。
詳細は、バリシップ2019オフィシャルWebサイトをご覧ください。
https://www.informa-japan.com/bariship/seminar/index.php?category=1

(3)海上技術安全研究所ブース
*今年は中小造船工業会様との共同ブース出展はありません
■日時:5月23日(木)~5月25日(土)10時00分~17時00分
    (最終日は16時00分まで)
■場所:Aゾーン(テクスポート今治)2階 A2-02
■展示内容:テーマ「GHG排出削減」

出展社プレゼンテーション及びセミナー詳細はLinkIconこちら

 前回(2017)のブースの様子 

 前回(2017)のブースの様子   

 前回の特別セミナーは満席となりました。 

前回の特別セミナーは満席となりました。