研究施設

RESEARCH FACILITIES

海上技術安全研究所の実験施設は、世界トップレベルの質と量を誇ります。日本だけでなく、世界の海事・海洋技術に関する一大研究拠点です。

  • 400m試験水槽

    400m試験水槽

    世界最大級の長さ400m、幅18m、水深8mの曳航水槽です。長さ50mの模型の実験も行えます。

  • 中水槽

    中水槽

    長さ150m、幅7.5m、水深3.5mの曳航水槽です。水深に対応できる造波機を備え、浅い水域での船の航行性能や各種実験ができます。

  • 実海域再現水槽

    実海域再現水槽

    長さ80m、幅40m、深さ4.5m。曳航台車、全周分割吸収造波装置、送風装置などを備えています。

  • 海洋構造物試験水槽

    海洋構造物試験水槽

    各種海洋構造物の実験に使用する水槽(長さ40m、幅27m、深さ2m)で、波や流れを発生させる装置のほか、曳航台車を備えています。

  • 変動風水洞

    変動風水洞

    風洞と水槽の両方の機能を持つ設備です。風洞は強風や強弱の激しい風など、様々に再現することができます。

  • 深海水槽

    深海水槽

    水深4000mもの深海を想定した模型試験も可能な水槽です。

  • 高圧タンク

    高圧タンク

    内径1.1m、内部高さ3.0mのサイズを有し、水深6000mまでの深海環境を再現できる世界でも類のない実験施設です。

  • 大型キャビテーション試験水槽

    大型キャビテーション試験水槽

    プロペラの性能低下や振動、それに騒音などの原因となるキャビテーション試験に用いる水槽です。

  • 複合荷重試験装置

    複合荷重試験装置

    船舶を模擬した試験模型を用いて、船体に作用する様々な荷重に対する強度を試験する装置です。

  • 材料・化学分析システム

    材料・化学分析システム

    材料分析に使用する透過電子顕微鏡と各種質量分析装置群です。 海技研は材料分析、化学分析にも充実した設備を整えています。

  • 操船リスクシミュレータ

    操船リスクシミュレータ

    半径6.5m、高さ4.8mの円筒スクリーンを持つ操船リスクシミュレータです。

    ※改修中

  • 4サイクルディーゼル機関

    4サイクルディーゼル機関

    3シリンダーによる4サイクルディーゼル機関です。

  • DPシミュレータ

    DPシミュレータ

    IMO DP Class 2に対応。
    サプライ船・掘削船・アンカーハンドリング船・シャトルタンカー・セミサブの5種類を海技研のDPシミュレータで再現できます。
    訓練プログラムも用意しています。