HOME | 新着情報 | おしらせ | ニュース210324

お知らせ

令和3年3月24日

三鷹ネットワーク大学公開講座にて春海主管が講演
『船のGHG排出削減~水素とアンモニアが船舶燃料に?~』

2021年3月21日(日)オンラインにて春海研究特命主管が『船のGHG排出削減~水素とアンモニアが船舶燃料に?~』と題して、市民の皆さんに向けて講演を行いました。

 海上技術安全研究所が毎年3月に企画する本講座では、研究にまつわるトピックを取り上げ、市民の皆さんに「船と海の科学」を分かりやすく解説しています。今年は今話題のGHG(温室効果ガス)を取り上げ、船のGHG排出削減に関して、船が我々の生活にどの様に貢献しているか、どんな種類(船種)があるのかなど、船全般の説明から始まり、IMO(国際海事機関)のGHG排出規制、船を動かすエンジンと燃料の話を経て、GHG削減方法の説明を行いました。

 船の燃料も従来の重油からGHG削減を目指して、LNG燃料や水素・アンモニアへの転換を目指していることを説明して1時間の講演の時間は終了しました。盛りだくさんの内容でしたが、参加頂いた皆さんには今回の講演を通じて、「船」と「海」を身近に感じていただけたのではないかと思います。

 講演原稿は LinkIconこちら