HOME | 新着情報 | おしらせ | ニュース210819

お知らせ

令和3年8月19日

正信聡太郎海洋開発系長が米国機械学会主催
2021年国際海洋・極地工学会議(OMAE2021)の感謝賞を受賞

 2021年6月21日~6月30日にオンラインで開催された、米国機械学会(The American Society of Mechanical Engineers)主催の第40回(2021年)国際海洋・極地工学会議(40th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering:OMAE2021)において、当所海洋開発系の正信聡太郎系長が感謝賞(Appreciation Award)を受賞しました。

 正信系長は、2018年よりOcean Space Utilization Symposiumの中のセッション「Deepsea Mining and Ocean Resources」のオーガナイザーを務めるとともに、同セッションの司会を担当しており、これらの功績が評価され、このたび表彰されました。

ASME OMAE Awards Committeeから贈られた表彰状

ASME OMAE Awards Committeeから贈られた表彰状



国際海洋・極地工学会議
 海底や極地域の資源開発・輸送、海洋再生可能エネルギーの開発、海洋の多目的利用といった多岐にわたる分野を対象に、必要な要素技術、システム、エンジニアリングに関する情報を交換する国際会議であり、毎年開催されている。
 OMAE2021では、11のSymposium(その中に計106のセッションがある)での研究講演に加え、8つの基調講演等が行われた。国際的なコロナパンデミックの影響で、例年より少なかったものの、450以上の研究発表が行われた。