HOME | 研究内容 | 研究組織 | 環境・動力系 | 環境分析研究グループ | 舶用ガス機関ブローバイガスの吸入技術開発

舶用ガス機関ブローバイガスの吸入技術開発

 



二酸化炭素および硫黄酸化物の排出が少ないメタンを主燃料としたガス機関の開発や研究が進められている。一方で高い温暖化係数を有する未燃メタンの排出が問題視されており、本研究ではブローバイガスからのメタン排出に着目した。メタン排出を削減するため、ガス機関から排出されるブローバイガスの組成や流量を計測し、再吸入の実現性と効果を検討している。その結果、ブローバイガスの成分を燃料ガスの組成と比較すると、メタンを主成分とする未燃の燃料ガスが多く含まれていた。ただし、ブローバイガスの流量は排ガスに比べて非常に少ないため、全量を吸気に戻し、再燃焼させることが可能であると考えている。再吸入するためには、ブローバイガス中のオイル分が悪影響を及ぼすことが予想され、オイルミストの計測および対策を今後の課題としている。