HOME | 研究内容 | 研究組織 | 環境・動力系 | 環境分析研究グループ

環境分析研究グループ

 




  環境分析グループでは、船舶から排出される環境影響物質を低減するため、排出物の分析方法を確立し定量的な解析を行っています。特に舶用ディーゼル機関の排ガス中に含まれる粒子状物質(PM)やブラックカーボン(BC)は環境負荷物質として注目されており、詳しい組成を調べるとともに、削減技術についても研究しています。また、越境生物による環境影響を防ぐため、防汚塗料の防汚性能評価や、新たな生物付着阻害技術に関する研究も行っています。
  これらの研究成果は、国際海事機関(IMO)へ日本提言を行う際にも、技術的データとして活用されています。


 

メンバー 

(◎はグループ長)
 

  

研究紹介

 

1. 船舶が大気環境に与える影響に関する研究




2. 船舶が海洋環境に与える影響に関する研究


  
 
【略語一覧】

  • NOx:窒素酸化物
  • SOx:硫黄酸化物
  • BC:ブラックカーボン

  • PM:粒子状物質
  • PAH:多環芳香族炭化水素
  • GHG:温室効果ガス