HOME | 研究内容 | 研究組織 | 環境・動力系 | 環境分析研究グループ | 要素試験のための舶用燃料から発生する粒子状物質生成装置の開発

要素試験のための舶用燃料から発生する粒子状物質生成装置の開発

 



舶用機関から排出される粒子状物質(PM)は人体や大気環境への影響があり、その生成過程や削減技術に関する研究が望まれている。実機関でPMを発生させるには、大量の燃料が必要であり、排ガス流量も多く、要素的な試験には向かない。そこで、PM生成装置を開発することで、少量の燃料で実験を可能にした。具体的には、少量の燃料を装置内部で空気を供給しながら燃焼させ、生成したPMをフィルタで採取し分析しているほか、フィルタを通過したガスはバッグ捕集やガス計測器での測定を実施している。この装置を用い、燃料の組成を系統的に変化させてPMを発生させ、生成されるPMの量や組成の変化を明らかにすることで、PM削減につなげることを目指している。